昼夜で変わる二次会ドレスマナーはドレス探しの前にチェック

ウーマン

昼夜で違うドレスのマナー

衣装を選ぶ人

二次会で結婚式と同じ服装ではちょっとなぁと思う時には、2wayや3way仕様の二次会ドレスなどを取り入れると楽です。2wayや3way仕様の二次会ドレスなら、結婚式とは違った印象を出すことができます。袖や裾など変化をつけることで、キメすぎず、ラフすぎない二次会ドレスにすることもできます。羽織ものやスカーフなど印象を変える小物を取り入れるのも良いでしょう。使い勝手の良い二次会ドレスを選びましょう。二次会ドレスの選び方としては、昼と夜で異なります。昼の二次会ドレスなら、光物は避けることが必要になります。光の反射が大きなスパンコールや光物はなるべく避けて、アクセサリーには真珠など取り入れましょう。夜の場合はビジューやゴールドなどの光物を取り入れるようにします。靴は、つま先の出ていないパンプスなどを利用しましょう。二次会でも髪型はアップスタイルにします。この基本を守っておけば二次会のドレス選びも安心です。結婚式でも二次会でも、黒一色でまとめるのは不祝儀、祝っていないというような印象がありNGです。意図的でも、無難な色を選ぼうとした結果でも、マナーや常識を疑われるので避けましょう。マナー違反は自分の評価を下げてしまうだけでなく、新郎新婦や周囲の評価にも影響するのでしっかりと守って、ドレス選びをしましょう。マナーはルールではなく、思いやりです。結婚式やその二次会では、新郎新婦を祝う気持ちと心遣いを持って、式に参加することが重要です。

ミニの魅力は美脚効果

青いドレスの婦人

美脚効果の高いミニドレスで、健康美を演出することができます。ロングドレスと比べると隠れる部分が少ないため、カバー力は低くなりますが、ミニドレスでもカバー力の高いデザインがあります。

ドレスのNGをチェック

カラードレス

結婚式でのゲストドレスには、多くのNGがあります。TPOとマナーを守って祝福するためのドレスを選びましょう。色やデザイン、露出度、コーディネートアイテムなども問題ないかチェックしておくことが重要です。

TPOで考えてみよう

お酒を持つ女性

恩師に礼を述べたりする謝恩会。謝恩会ドレス選びにもNGポイントがあります。場所や、立場を考えてコーディネートを選ぶのが重要です。アイテムを華やかにすることで、印象をアップすることも可能です。

Copyright © 2016 昼夜で変わる二次会ドレスマナーはドレス探しの前にチェック All Rights Reserved.